ホームホーム  ニュースニュース  作品紹介作品紹介  プロダクションプロダクション  会社概要会社概要  お問い合わせお問い合わせ

HOME > 作品紹介 > 映画「薄桜鬼SSL ~sweet school life~ THE MOVIE」

作品紹介

映画

薄桜鬼SSL ~sweet school life~ THE MOVIE

2016年2月6日(土)より全国順次公開!

映画「薄桜鬼SSL ~sweet school life~ THE MOVIE」2008年に発売されたゲーム「薄桜鬼」は、出生に秘密を持つ一人の少女と、激動の幕末を生きる熱き新撰組の男たちを核に描いた物語。緻密な歴史背景と大胆な発想で展開されるストーリーと刹那的な生き方を自ら選ぶ彼らの哀しさや儚さを見事に描き切り、観るものの心を揺さぶった。命を賭して時代を駆け抜けた「薄桜鬼」のキャラクターたちが、もしもこの平和な時代に行き、さらに舞台が学校だったら、という思いを込めて作られたゲームが「薄桜鬼SSL ~sweet school life~」である。この作品も意図をくみ取り、勉強、友情、部活、恋愛と青春を謳歌する学園ラブコメディーに仕上がっている。

男子校だった「薄桜学園」が共学となり、ただ一人の女生徒が入学したことから物語はスタート。今まで平穏無事な男ばかりの世界に女子が加わることにより教師・生徒間のバランスが微妙に崩れ、さまざまな出来事が起こってしまう様をゲーム同様に個性豊かなキャラクターたちが魅せてくれる。

実写版「薄桜鬼SSL ~sweet shool life~」はテレビドラマ、舞台、映画と「薄桜学園」のイベントごとに切り取り、それぞれ独立したストーリーとして完結している。しかも、すべて配役は同じキャストという試みで、もちろん別々に見ても面白いが、通して見ると、より一層楽しみが伝わる作りとなっている
 
ストーリー
2月の定期試験を前に、何かと浮かれている薄桜学園。試験の成績が悪い生徒は恐怖の罰則が待っているが、その後には学園初の女生徒のいるバレンタインデーがあるからだ。

自分の想いに気付いた藤堂平助(石渡真修)、沖田総司(木村敦)は、雪村千鶴(大野未来)にアプローチを仕掛けるなか、斎藤一(染谷俊之)も胸の苦しみが何であるかを悟る。

また、原田左之助(稲垣成弥)も、あることをきっかけに千鶴を抱きしめてしまうが、担任教師のため告白は思いとどまるのだった。そして風間千景(井深克彦)は千鶴からチョコレートを貰うため、生徒会長件権限で全学年最高得点者には願い事をひとつ叶える、というルールをいきなり作ってしまう。教頭の土方歳三(中村優一)は、そんな学園の状況を苦々しく見守っていた。一方、卒業式のイベントを任された山崎は、千鶴とある計画を相談するのだった…
 
キャスト
中村優一、染谷俊之、木村敦、石渡真修、稲垣成弥、井深克彦
大野未来、章平、小西成弥、葵洋輔、瀧沢犬太郎、中島頼之、逢沢凛、田中愛梨
奥野智也、Blu-BiLLion(特別出演)、加藤和樹(特別出演)、玉城裕規、馬場良馬
 
スタッフ
原作:オトメイト「薄桜鬼SSL ~sweet school life~」
監督・脚本:宮下健作
製作:香月淑晴、中野久、宇治重喜、藤本大史
エグゼクティブプロデューサー:奥出緑
プロデューサー:板橋明久
企画協力:平松義行
配給:トリプルアップ
制作プロダクション:ダブルアップエンタテインメント
制作協力:アイディアファクトリー、デザインファクトリー、ACOS、キャンター、日光江戸村
製作委員会:エスピーオー、ダブルアップエンタテインメント、ビザビジョン、FWD
© 2015 IF・DF /「薄桜鬼SSL ~sweet school life~」製作委員会