【この記事はプロモーションを含みます】

子役・キッズモデル

子役事務所の費用はどのくらい?安いところや一覧形式で紹介!

ami

5歳の女の子と7歳の男の子の2児の母親。 子供たちは子役事務所に所属しており、テレビなどで活躍する姿を見るのが生きがい。 芸能界についての情報収集は欠かさず行っており、子供たちの夢を応援している。

おそらく、この記事を見ている方は各子役事務所に入るのにどの程度お金が必要なのか知りたいかと思います。

ほとんどの場合、子役事務所のオーディションを受ける場合にお金はかかりません。

一方、オーディションに合格後は入所金やレッスン料がかかることがほとんどです。

今回は芸能事務所に10年以上所属し活動してきた私が、子役事務所に入る際に必要な費用についてまとめました。

これからお子さんの芸能事務所を検討される方はぜひ参考にしてみて下さい。

子役事務所の費用の内訳

費用

子役事務所に所属する際には、さまざまな費用がかかります。ここでは、その費用について詳しく解説します。

なお、オーディションについてはほとんどの子役事務所は無料で参加することができます。

 

入所金

入所金は、子役事務所に入所する際に一度だけ支払う費用です。金額は事務所によって異なりますが、3万円程度から15万円以上と幅広いようです。

入所金は、事務所の運営費やレッスン費用、オーディション費用などに充てられます。

入所金の金額は、事務所の規模や知名度、レッスン内容などによって異なります。

また、特待生制度などによって、入所金の減額や免除を受けられる場合もあります。

 

年会費

年会費は、子役事務所に所属している間は毎年支払う費用です。

金額は事務所によって異なりますが、1万円程度から5万円程度が一般的です。

年会費は、事務所の運営費やレッスン費用、マネージメント費用などに充てられます。

 

レッスン料(月謝)

レッスン料は、子役事務所が行うレッスンを受ける際に毎月支払う費用です。

金額は事務所によって異なりますが、3万円程度から5万円程度が一般的です。

レッスン料の金額は、事務所の規模や知名度、レッスンの頻度や内容によっても異なります。

 

その他

その他にも、必要な宣材写真の撮影代やマネージメント費用、交通費、宿泊費などがかかる場合があります。

 

おすすめの子役事務所

子役事務所 

子役事務所の費用一覧を下記の表にしています。

おすすめのところは赤字にしてあり、その理由も下記それぞれの事務所説明のところで詳しく紹介しています

養成所名 入所金 レッスン料(年間) 初年度合計 2年目以降費用合計
テアトルアカデミー
(大手子役事務所)
【ベビー部門】
214,500円
【キッズ・ジュニア・ユース・アカデミー部門】
297,000円
【ベビー部門】
39,600円
【キッズ・ジュニア・ユース・アカデミー部門】
237,600円
【ベビー部門】
254,100円
【キッズ・ジュニア・ユース・アカデミー部門】
534,600円
【ベビー部門】
36,000円
【キッズ・ジュニア・ユース・アカデミー部門】

237,600円
アヴァンセ
(坂上忍さん運営)
165,000円 396,000円 561,000円 396,000円
キャストネットキッズ
(最も安い子役事務所)
16,500円 - 16,500円 11,000円
ベストキッズオーディション
(賞金100万円)
- - - -
サンミュージックアカデミー 110,000円 220,000円 330,000円 220,000円
クラージュキッズ - 240,000円 250,000

300,000円
376,000円
劇団東俳 100,000円 264,000円 364,000円 264,000円
トライストーン・アクティングラボ 220,000円 330,000円 550,000円 330,000円
ヒラタビーンズ 100,000円 192,000円 292,000円 192,000円
劇団ひまわり 132,000円 198,000円 330,000円 198,000円
ホリプロ・インプルーブメント・アカデミー 110,000円 217,800円 327,800円 217,800円
ブルースカイプロモーション 10,000円 312,000円 322,000円 312,000円
エーチーム 302,500円 264,000円 566,500円 264,000円
ワイケーエージェント 170,000円 408,000円 578,000円 528,000円
EXPG STUDIO TOKYO
33,000円 【KIDS部門】
318,000円
【REGULAR部門】
684,000円
【KIDS部門】
351,000円
【REGULAR部門】
717,000円
【KIDS部門】
318,000円
【REGULAR部門】
684,000円

テアトルアカデミー

テアトルアカデミー

入学金 【ベビー部門】
〈214,500円コース〉
入所金:137,500円
教育充実費:77,000円
合計:214,500円
〈297,000円コース〉
入所金:137,500円
教育充実費:159,500円
合計:297,000円
【キッズ・ジュニア・ユース・アカデミー部門】
入所金:137,500円
教育充実費:159,500円
合計:297,000円
レッスン料(月間) 【ベビー部門】
3,300円
【キッズ・ジュニア・ユース・アカデミー部門】
19,800円
年間費用(初年度) 【ベビー部門】
254,100円 または 297,000円
【キッズ・ジュニア・ユース・アカデミー部門】
534,600円
年間費用(二年目以降) 【ベビー部門】
36,000円
【キッズ・ジュニア・ユース・アカデミー部門】
237,600円
補足 月謝は3か月分前納の場合の金額
入所金297,000円プランの場合は、入所からキッズ部門定期レッスン開始前までの月謝が免除

テアトルアカデミーは、創業から40年続き長く日本の芸能界を引っ張ってきている有名な芸能事務所です

月間平均出演数も1,500本以上と、業界との太いパイプがタレントの仕事につながっています。

所属タレントは、鈴木福さん(フジテレビ「一休さん」)、谷花音さん(テレビCM「キシリクリスタル」)、脇知弘さん(日本テレビ「ごくせん」熊井輝夫役)、小越勇輝さん(ミュージカル「テニスの王子様」越前リョーマ役)など多数。

子役やキッズモデルに非常に強い事務所であり、業界でもトップクラスです

入学金は少し高めですが、テアトルアカデミーは特待生制度もあるようなので、必ず一度は受けてみるべきオーディションの1つだと思います。

テアトルアカデミーのオーディションはこちら

 


アヴァンセ

アヴァンセ

入学金 165,000円
レッスン料(月間) 33,000円
年間費用(初年度) 561,000円
年間費用(二年目以降) 396,000円
補足 月謝を1年一括払いの場合、2か月分割引

アヴァンセは、2009年に俳優の坂上忍さんによって設立された子役専門の芸能事務所です。

坂上忍さん自身も子役出身であるため、独自の視点で子役の才能を育成しています。

事務所は東京都世田谷区にあり、3歳から15歳までの子供を対象にオーディションを随時実施しています。

アヴァンセのレッスンは基礎演技から実践的なレッスンまで幅広く提供しています。

1年間に6つのレッスン項目があり、それぞれ個性を引き出し、感情表現や実際の撮影環境への対応力を養います。

レッスンは毎週土・日曜日に行われ、遠方からの受講も考慮したクラス分けがされています。

また、坂上忍さん自身が直接レッスンを見てくれる機会もあります

特待生制度も設けられており、1年間のレッスン後に審査があり、合格者はプロダクション契約を結び、実践レッスンに進むことができます。

アヴァンセは、バラエティ番組の再現VTRやエキストラ出演などの仕事が多いですが、ドラマ出演やEテレ番組のレギュラーに選ばれる子もいます。

坂上忍がプロデュースする芸能プロダクション【アヴァンセ】

キャストネットキッズ

キャストネットキッズ

入学金 -
レッスン料(月間) -
登録料 16,500円
年間費用(二年目以降) 11,000円
補足 会員に登録するとプロカメラマン撮影費用が割引となる

「キャストネットキッズ」は、0〜15歳までの子供を対象にしたモデル事務所です。

モデル初心者でも登録が可能で、全国どこでも登録できます。

費用については年会費は初年度16,500円、2年目以降は11,000円と子役関連の事務所では非常に安いのが特徴です。

費用が安い理由としては、レッスンがないことがあげられます。

なのでまずはお金をかけずに、仕事を経験して実践を通じてスキルを身につけていく形で始めていきたい場合におすすめの事務所です。

仕事についてはまずお子さんの写真をプロフィール登録し、自身でオーディション情報を見たり、テレビや雑誌、CM制作担当からオファーがくることもあります。

キャストネット・キッズはこちら



ベストキッズオーディション

ベストキッズアカデミー

「ベストキッズオーディション」は、生後3ヶ月から15歳までの子どもを対象とし、フォトスタジオやアパレルブランド、百貨店、大手芸能プロダクションとタイアップし展開する国内最大級のキッズオーディションです。

こちらのオーディションは賞金総額100万、さらに参加した多数のキッズがベストキッズオーディションをきっかけに映画やCM、モデル、ファッションショー出演などを果たしています。

最終審査には東京近郊で開催されるランウェイ審査で、合格者は特設HP上で公開され、グランプリ受賞者は1年間ベストキッズとして活動する機会が与えられます。

また芸能プロダクション32社が審査員として参加し様々な分野の芸能事務所が、それぞれの個性を持つキッズをスカウトしています。

参加費は無料なので、これから子役事務所への所属を検討している方は、参加して損はないかと思います。

ベビーモデル、キッズモデル募集オーディション【ベストキッズオーディション】

 

サンミュージックアカデミー

サンミュージックアカデミー

入学金 110,000円
レッスン料(月間) 補足欄参照
年間費用(初年度) 330,000円(レッスン料一括払いの場合)
年間費用(二年目以降) 220,000円(レッスン料一括払いの場合)
補足 レッスン料については一括 または 2回払い。
一括払いの場合220,000円
2回払いの場合264,000円(132,000円×2回)

サンミュージックアカデミー最大の魅力はその独自の教育方針にあります。

創業者の相澤秀禎が「出来上がったスターを手がけるよりも、新人を育てたい」との思いから設立し、数多くの俳優や女優を発掘、育成してきました。また、半年ごとに社内オーディションを実施しており、チャンスが多いことも特徴です。

オーディションの流れについては、まずオンラインでエントリーを行います。その後、一次審査(書類選考)が行われ、合格すれば二次審査となるオーディション選考に進みます。

クラージュキッズ

クラージュキッズ

入学金 詳細非公開
レッスン料(月間) 20,000円
登録料(年間) 36,000円
宣材写真撮影 100,000円(年2回の場合)
年間費用(初年度) 約250,000~400,000円
年間費用(二年目以降) 約136,000円
補足 詳細非公開

クラージュキッズの魅力は独自の教育プログラムと、子供たちが夢を追い求める過程で家族との絆を深めることを重視しているからです。

また、東京、大阪、名古屋の3つの都市にオフィスがあり、それぞれの地域でオーディションやレッスンを受けることができます。

さらに、クラージュキッズは、雑誌とのコラボオーディションを開催し、グランプリに選ばれた子供たちは雑誌でモデルデビューを飾ることができます。

トライストーン・アクティングラボ

トライストーン・アクティングラボ

入学金 220,000円
レッスン料(月間) 27,500円
年間費用(初年度) 550,000円
年間費用(二年目以降) 330,000円
補足 実技審査、演技経験などにより入学金の一部割引が適応される場合あり

トライストーン・アクティングラボは、演技のビギナーからプロまで幅広く受講可能な芸能スクールで、その魅力は多岐にわたります。

まず、トライストーン・エンタテイメントが直営しているため、プロダクションと直結しています。

これにより、受講生はレッスンを受けながら、同時にプロダクションに所属するチャンスも得られます。

さらに、教務総指揮は映画プロデューサーの山本又一朗氏が務めており、優秀な受講生は受講中から映画への出演の機会を得ることができます。

また、カリキュラムは初心者が経験を重ね、仕事の現場に行くことを目的とした内容で構成されており、演技経験者を対象にした別プログラムも提供しています。

これらの特徴により、トライストーン・アクティングラボは子役志望者にとって、演技スキルを磨きながら実際の芸能界への道を開く絶好の機会を提供しています。

劇団東俳

劇団東俳

入学金 100,000円
レッスン料(月間) 22,000円
年間費用(初年度) 364,000円
年間費用(二年目以降) 264,000円
補足 入所時に入学金100,000円と月謝3ヶ月分66,000円の支払いが必要

「劇団東俳」は、60年以上の長い歴史を持ち、数多くの芸能人を育て上げてきた実績があります。

その特色として、各ジャンルに精通した講師による充実したレッスンがあります。

演技レッスンを中心に、ダンス、音楽、日舞、時代劇、殺陣、アクションなどのレッスンをバランスよく取り入れ、カリキュラムを編成しています。

また、一心に物事に取り組み、本音で人に伝え、高い志と強い信念を持ち続けていけるように指導しています。

ヒラタビーンズ

ヒラタオフィスキッズセレクション

入学金 100,000円
レッスン料(月間) 16,000円
年間費用(初年度) 292,000円
年間費用(二年目以降) 192,000円
補足 詳細は非公開。

ヒラタビーンズは東京都港区に位置し、キッズモデル・子役を随時募集しています。

この事務所は、宮崎あおいさんや多部未華子さんなど、数々の人気タレントを輩出してきたことで知られています。

また、ヒラタビーンズは子役の育成に力を入れており、加部亜門さんや横山芽生さんなど、現在活躍中の子役たちが所属しています。

ヒラタビーンズの最大の魅力は、その独自の育成システムです。

ヒラタオフィスは養成所ではなく、業界で活躍できる素質を持った方以外の所属は厳しいです。

しかし、ヒラタオフィスに所属するためには、まず芸能事務所であると同時に養成所でもある『フラッシュアップ』や『ブロッサムエンターテイメント』などで基礎力と実績を積んでいく必要があります。これにより、子役たちは業界で通用する人材として育成され、ヒラタオフィスへの移籍が可能となります。

また、ヒラタビーンズはオーディションを随時開催しており、3歳から12歳(小学6年生まで)の男女が応募することが可能です。これにより、子役を目指す皆さんはいつでもチャンスをつかむことができます。

劇団ひまわり

劇団ひまわり

入学金 132,000円
レッスン料(月間) 16,500円
年間費用(初年度) 330,000円
年間費用(二年目以降) 198,000円
補足 -

劇団ひまわりの特徴は提供する幅広い事業内容と、全国に20ヶ所もの事業所があることです。

これにより、地方に住んでいる方でも、演技の基礎から応用、さらには歌唱、ダンス、アクション、声優演技といった豊富なレッスンを受けることが可能です。

また、劇団ひまわりは、子役が多く在籍しており、同じ夢を持つ仲間と一緒に成長できる環境が整っています。

さらに、自身の劇場「シアター代官山」を所有しており、実際の舞台での経験を積むことができます。

ホリプロ・インプルーブメント・アカデミー

ホリプロ・インプルーブメント・アカデミー

入学金 110,000円
レッスン料(月間) 11,000円
施設費(月間) 4,950円
教材費(月間) 2,200円
年間費用(初年度) 327,800円
年間費用(二年目以降) 217,800円
補足 -

ホリプロ・インプルーブメント・アカデミーで、基礎演技やダンスなどのエンターテインメントのレッスンを通じて、こどもが持つ可能性や才能を最大限に引き出すことができます。

さらに、マスコミ出演も積極的にバックアップしており、タレントとしての基礎固めも可能です。

また、2024年4月からは「ホリプロ・スター・スタジオ」と名称を変更し、中学生以上を対象とした演技特化したクラス「G class」も新設されます。これにより、さらに幅広い年齢層のタレント育成に対応していきます。

ブルースカイプロモーション

ブルースカイプロモーション

入学金 10,000円
レッスン料(月間) 26,000円
年間費用(初年度) 322,000円
年間費用(二年目以降) 312,000円
補足 移籍者・経験者は実績により免除あり

ブルースカイプロモーションは、個々の才能を最大限に引き出すことに重点を置いています。

それぞれの子役が持っているユニークな特性と能力を理解し、それを最大限に活用するための独自のプログラムを提供しています。

さらに、ブルースカイプロモーションは、業界内での広範なネットワークを持っています。

これにより、子役たちはさまざまなオーディションにアクセスすることができ、自分たちの才能を広くアピールする機会を得ることができます。

また、この事務所は子役たちが安心して成長できる環境を提供することにも力を入れています。

子役たちの健康と安全を第一に考え、その精神的な健康と幸せも重視しています。

エーチーム

Ateamアカデミー

入学金 302,500円
レッスン料(月間) 22,000円
年間費用(初年度) 566,500円
年間費用(二年目以降) 264,000円
補足 入学諸費用等の分割払い可能

エーチームは、俳優の伊藤英明さんや女優の吉岡里帆さんなど、多数の実力派俳優・女優が所属している芸能プロダクションです。

その最大の魅力は、幅広いジャンルで活躍できる新たな人材を求めていることです。

子役を目指すあなたにとって、これは大きなチャンスです。

エーチームは、新人が所属するグループ事務所と芸能人として活躍するためのレッスンを受ける養成所に入所することが前提となっており、これにより、有名な芸能事務所に入るよりは合格率が高いと言われています。

また、エーチームにはエーチームアカデミーという養成所があり、こちらでレッスンを受けることで、芸能人として輝くためのさまざまなスキルを身につけることができます。

ワイケーエージェント

ワイケーエージェント

入学金 170,000円
レッスン料(月間) 34,000円
更新料(年間) 120,000円
年間費用(初年度) 約578,000円
年間費用(二年目以降) 約528,000円
補足 詳細は非公開

ワイケーエージェントは0歳から所属することができるため、子役としてのキャリアを早く始めることが可能です。

さらに、ワイケーエージェントは俳優・タレント、赤ちゃん・キッズタレントのマネージメントと育成に力を入れており、無料オーディションを随時開催しています。

これにより、子役を目指す皆さんは、自分の才能を見つけ、磨く機会を得ることができます。

また、演技レッスン・ダンスレッスン・ボイスレッスンなどを定期的に開校しているため、技術を磨くための支援も充実しています。

EXPG STUDIO TOKYO

EXPG STUDIO TOKYO

入学金 33,000円
レッスン料(月間) ・KIDS★満1歳半~小学6年生
26,500円
・REGULAR★中学1年生以上
57,000円
年間費用(初年度) ・KIDS★満1歳半~小学6年生
351,000円
・REGULAR★中学1年生以上
717,000円
年間費用(二年目以降) ・KIDS★満1歳半~小学6年生
318,000円
・REGULAR★中学1年生以上
684,000円
補足 -

EXPG STUDIO TOKYOは、ただのダンススタジオではありません。

ここでは、ダンス、ボーカル、演技を含む全ての表現者=エンタテイナーを育成するための本格的なスクールです。スキル、グルーヴ、歴史、ファッション、音楽制作など、エンタテイナーとして生きていくために必要な全てを学ぶことができます。また、発表会やイベントなど、ワクワクする内容がたくさんあり、生徒たちにとって楽しめる環境が整っています。

さらに、「EXPG STUDIO TOKYO」は、芸能界やクラブシーンで活躍するダンサーやボーカリスト、本格的なプロダンサー、スーパーDJやプロデューサーなどを目指す人々を応援する環境とカリキュラムが整っています。

これは他の事務所とは一線を画す独自の魅力です。

子役事務所の種類

事務所

芸能界デビューを目指す子どもにとって、子役事務所への所属は欠かせません。しかし、子役事務所にはさまざまな種類があり、どの事務所を選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

芸能事務所は大きく3つの種類に分類することができます。

それぞれメリットとデメリットがありますので、自分に合った子役事務所を選びましょう。

 

子役の育成に注力している事務所(スクール型)

・費用      : 2
・入所難易度   : 2
・指導力     : 4.5
・事務所のサポート: 3
・仕事の量    :  3

子役の育成に注力している事務所は、スクール型とも呼ばれます。このタイプの事務所では、子役の演技力や表現力、礼儀作法などの育成に力を入れています。

スクール型の事務所では、通常、定期的にレッスンが行われます。レッスンでは、演技指導やダンス指導、歌唱指導などが行われます。また、マナーやコミュニケーション能力などの指導も行われ、子どもたちが芸能界で活躍するための基礎を身につけることができます。

スクール型の事務所のメリットは、子役の育成に力を入れているため、子どもたちが芸能界で活躍するためのスキルを身につけやすいことです。また、レッスンが定期的に行われるため、子どもたちが芸能界デビューに向けて着実に準備を進めることができます。

一方、デメリットとしては、レッスン費や事務所の運営費などの費用がかかることが挙げられます。また、スクール型の事務所は、大手芸能事務所に比べて、仕事の量が少ない傾向があります。

 

少数精鋭の事務所

・費用      : 2.5
・入所難易度   : 3.5
・指導力     : 5
・事務所のサポート: 4
・仕事の量    :  3

少数精鋭の事務所は、所属する子役の人数を限定している事務所です。

このタイプの事務所は、一人ひとりの子役にきめ細かいサポートをしてくれるのが特徴です。

少数精鋭の事務所のメリットは一人ひとりの子役にきめ細かいサポートをしてくれるため、子どもたちが安心して芸能活動に取り組めることです。

また大手芸能事務所に比べて、仕事の量が少ない傾向があるため、子どもたちが芸能界デビューに向けてじっくりと準備を進めることができます。

一方、デメリットとしては仕事の量が少ないため、子役としての活躍の機会が限られる可能性があることです。

また、少数精鋭の事務所は大手芸能事務所に比べて、知名度が低い傾向があります。

 

大手芸能事務所

・費用      : 4.5
・入所難易度   : 5
・指導力     : 3
・事務所のサポート: 4
・仕事の量    :  5

大手芸能事務所は、所属するタレントやアーティストの数が非常に多い事務所です。

このタイプの事務所はテレビや映画、CMなどの仕事の量が多く、子役として活躍するチャンスが多いのが特徴です。

大手芸能事務所のメリットはテレビや映画、CMなどの仕事の量が多く、子役として活躍するチャンスが多いことです。

また、大手芸能事務所は知名度や影響力が高いため、子役としての知名度アップや人気アップにつながりやすいです。

一方、デメリットとしては競争率が高いため、仕事に抜擢されるまでに時間がかかる可能性があることです。

また、大手芸能事務所は仕事の量が多いため、子役の体調管理や教育が難しい場合があります。

 

子役事務所に入ると稼げるのか?

稼いでいるこども

子役事務所に入った場合、具体的にどれくらいの金額を稼ぐことができるかは仕事の内容や出演期間、知名度や人気などによって大きく異なります。

一般的にテレビCMやドラマ、映画などの仕事はギャラが高額です。

メインキャストとして出演する場合は、1本あたり10万円以上になることもあります。

一方、雑誌やパンフレットなどのモデルの仕事はギャラが比較的低めです。

1本あたり5,000円程度から数万円程度が相場です。

また、子役の知名度や人気が高まればギャラも高くなる傾向があります。

例えば、人気子役の月収は100万円以上になることも珍しくありません。

子役事務所に入った場合の、具体的な収入の目安は、以下のとおりです。

子役の収入例

  • 雑誌やパンフレットなどのモデルの仕事:1本あたり5,000円〜数万円
  • テレビCMやドラマ、映画などの仕事:1本あたり10万円〜数百万円
  • 人気子役の月収:100万円〜

まとめ

この記事では子役事務所に入る際に必要な費用について紹介しました。

ほとんどの場合、子役事務所を受ける場合にお金はかかりませんが、オーディションに合格後は入所金やレッスン料がかかることが多いです。

この記事が、みなさんのオーディション合格につながれば幸いです。

子役事務所・養成所のおすすめ人気ランキング一覧!どこがいい子役事務所?

-子役・キッズモデル